SUPサーフィン初心者ブログ

初心者必見?!サーフィン・SUPサーフィンを楽しむセブンルールとは?事故・トラブルは未然に防ごう

サーフィンSUPサーフィン始め方
siooon.1231@gmail.com
ウミ
ウミ

SUPボードを買ったの!いよいよサーファーデビュー!でもローカルルールとかあるって聞いたことあるけど、大丈夫かな…

リク
リク

サーフィンって怖い人もいるんじゃないの?なんか噂では嫌がらせ受けることもあるって聞いたことあるけど…

Zion(シオン)
Zion(シオン)

メディアのイメージが先行してしまっているね。
実際にはごく一部の人だし、私はサーフィン、SUPサーフィンをしていてそういう方にあったことがないですよ!
しっかり基本ルールを知っておけば問題ないですよ!

まだまだマイナーな波乗り。知らない人からしたら怖い印象を持つことも。

しかし、実際は明るい平和な人が多い世界。

基本的なことを抑えれば、楽しくサーフィンを楽しむことが出来ますよ!

SUPサーフィンのモラル&ルール7選

①謙虚な態度と姿勢

サーファーやSUPサーフィンの方が上半身裸でいると威圧感があります!

駐車場などでSUP、サーファーが集団で集まると怖い印象を与える場合があります。

混雑時にはボードやパドルがヒトやボードに当たらないように注意して謙虚な気持ちで海に入りましょう!

②リーシュコードは必須

サーフィン時はカールタイプのうずを巻いてるリーシュは避けたい!

カールタイプはバネの様に戻ってくるので、自分にボードが当たることも

私は体験したことがないですが想像すると怖い…

リーシュがないとボードが流され続け他人とクラッシュする危険あります。

サップクルージングの際も必ずつけてボードが流れるのを防止しましょう!

③ボードは流さない

ゲッティングアウト中に
*ゲッティングアウト沖に出ること
バランスを崩してボードを流して
他人に当たってしまってはルール違反!

混雑時や周囲にサーファーや
海水浴している方がいる場合は
サーフィンでもサップサーフィンでも
サップクルージングでも一緒ですが…

基本的にボードを遠くへ離してはいけません!

波に乗っている方にボードが邪魔をするとかなり危険です。

波に乗ったボードはかなりのスピードが出ています!
ボードの先端に衝突したり、フィンにあたったり
重大な事故になりかねません。

最悪ボードを離すときはリーシュの近くを持って
流れる距離を短くする配慮をしたり
人がいないポイントを選ぶ配慮が必要ですね!

④波待ちも気配り

サーフィンをしていると知らない人とも海の上で一緒になることが多々あります。

波が来るタイミングで口笛や声かけで波が来るよと知らせてくれる最高な方もいたりします!

知らない人でもそんな気配りをされると波乗りがとてもやりやすいです

SUPは立っている分セットを見つけるのが速いです!

周りにいい波きていると知らせる気配りや余裕があるとみんなで楽しめる波乗りLIFEとなりますね。

⑤譲り合いのアイリー

SUPボードは長くて浮力が高いのでテイクオフがかなり速いです!

周りの方に譲ってあげる気持ちが大切です!

SUP

ロングボード

ミッドレングス

ショートボード

ボディボード

遊泳者

上で表記するように独り占めせずに周りの方も楽しめる様にLOVE & PEACEでいきましょう!

⑥地元ルールに注意!

地域によってはSUP禁止のルールもあったりします。

SUPは歴史が浅くだいぶ後輩です…

沖縄ではキッズ、女性ファーストで前乗りされても譲ったりします。

ローカル優先のブレイクポイントがあったり知識が少ない方が海にいると長年海遊びしている方からは白い目で見られることも…

地域のローカルルールがあったとしても笑顔で対応して!

双方が邪魔にならない遊べるような工夫が必要ですね。

⑦安全第一位!

遊び、仕事、何か始めるときには安全第一!!

自分のレベルをよく知ることSUP、サーフィンについて理解を深めること。

怪我をしない、させないトラブルが起きないように!

みなさんに海にかかわるマリンスポーツを楽しんで欲しい好きになって欲しい!!

今から始める方も始めている方もみんなが本当に海やマリンスポーツを好きになってもらいたいと思っています!

参考資料
文=SUPA日本スタンドアップパドルボード協会

YouTube動画にてSUPサーフィン解説なども行っています!

是非、参考にして下さい。

サップサーフィンの始め方・HOWTOブログはコチラ

ABOUT ME
Zion (シオン)
Zion (シオン)
ブロガー・インストラクター
沖縄生まれ沖縄育ちの海好きです! 波乗りに出会い人生が最高に充実しています。多くの方に感動を体験してほしい!そんな想いからBlog、SNS配信。ツアー、スクール開催をしております!
記事URLをコピーしました